hajimari

NEWS

完全会員制 事業課題解決コミュニティ【TOPGUN(トップガン)】をリリース!

2020/07/20

当社は、事業課題を気軽に相談できる、完全会員制コミュニティ【TOPGUN(トップガン)β版】の提供を
2020年7月22日より開始することをお知らせいたします。TOPGUN は、自身の抱える事業課題をプラットフォームに
相談することで、「誰でも」「簡単に」「完全会員制」で選抜された有識者からのアドバイスを受けたり、そのまま
有識者に事業参画をしてもらうこともできます。DXの推進や新規事業立案など、社内に知見もなく、まわりに相談する環境に無いビジネスマンをサポートするサービスです。

◆TOPGUNサービスサイト:
topgun紹介ページ
https://topgun.itpropartners.com/

◆TOPGUN について
TOPGUNは、自身の抱える事業課題をプラットフォームに相談することで、「誰でも」「簡単に」選抜された有識者
から有益なアドバイスを受けられる完全会員制ビジネスプラットフォームです。

◆β版での利用可能機能
TOPGUNでは事業課題を投稿するだけで、有識者からの回答を受けることが可能です。
また、プラットフォーム上だけでなく、定期的に開催されるウェビナー(WEBセミナー)上では
選抜上位層の有識者から直接事業課題へのアドバイスを受けることが可能です。

※各回それぞれ出演者は事情により、変更・追加されるされることがございます。

◆サービス開始の背景
各社のDX化や新規事業立案が加速するなか、現場の経験者は圧倒的に不足。株式会社Hajimariでは、IT起業家・フリーランスを週に2日から活用できる「ITプロパートナーズ」を提供しており、日々数千社の企業様からDX化や新規事業立案が急務である、というお話を頂いております。一方で新たな領域であるDX化や新規事業立案に経験豊富な人材はあまり組織にいない。手探りでは進めたい事業のスピード感は損なわれてしまいます。
また、経済産業省の調べによると経験豊富なIT人材は現在17.1万名が不足しており、今後はDX化需要の拡大により2030年には78.9万人に不足数が増加する可能性があると言われています。
そのような現状のなか、DX経験者や新規事業のグロース経験者の雇用はハードルが高いため、外部の経験者を活用する企業も増えています。一方で実際に外部人材を活用している企業は、全体の2割程度というデータも出ており、まだまだ活用は一般的になっていません。
そのような環境のなかでも、TOPGUNを利用すれば、誰でも「無料で」「気軽に」外部人材の活用が行えるようになります。外部人材の活用へのハードルを下げることで、効率的な事業推進へと繋げることができるようになります。

シェアをする

記事一覧へ戻る

前後の関連記事